シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【シンガポール英語】素人を惑わす英語の略語

f:id:clacky_sg:20181116005401j:plain

英語には多く存在する略語たち。

Abbreviationという。

英語に慣れてない人や

勉強でしか使ってない人は

なかなか略語に触れ合う機会は少ないが、

現地の友達とチャットをすると

このAbbreviationの嵐だ。

 

その中のいくつかを今日はご紹介。

初級編

まずは簡単なものから。

この程度であればインスタで外人をフォローしてたり

Twitterで流れてくるのを見たりしたら知っているレベル

U:you

R U:Are you

tmr:tomorrow

CU:See you

I C:I see

Thx:Thanks

 

 

まぁこのあたりは仮に知らなくても

文脈で推測できるレベル。

 

最初はこれくらいの略語が出てきても

こうやって使うんだなぁ~へぇ~と思って

Interestingと思ってやり過ごせていた。

 

中級編 

ここからは中級編。

あらかじめ言っておくけど

上級編はありません。

どのクラスが上級かわからないので

とりあえず中級に思いついたのをぶっこみます。

 

NW:No Way

Btw:By the way

Omw:On my way 今向かってるよ的に使う

TBH:To be honest

gg:going 

lol:Laugh out loud 笑 の意味


中級に入れた基準としては

パッと見て、

はぁ? (〃゜△゜〃)

ってなったもの。

 

俺:Where are you now?

某:Otw

と返信が来たときは、

Otwってどこのショッピングモールですか?

って思ったもんねw

 

あと、最初使い方もわからなかったのが

Lol。

まぁ、笑、的なニュアンスなんだけど、

やっかいなことに

hehe

とか

hahaha

とかもあって

どれで笑を表せばよいの?っていう

悩みにぶち当たった時期あったわ。笑

 

結局慣れてきたらなんとなくわかってきて

小笑 ⇒ 笑 ⇒ 爆

みたいなイメージで

hehe ⇒ hahaha ⇒ lol

というのが俺の感覚。


相手をイジるときはheheを使う感じでイジるなぁw

あとは基本hahahaを使うし、

相手がノってきたなと思うときはlolを多用します。

そのあたり日本とあんま変わらんよね。

 

まとめ

英語って主語と述語をはっきりさせて

日本語より文法をしっかりやらないと

意味が通じないというイメージが強かったけど

カジュアルなチャットでは逆に略語も多発しているため

こればっかりは習うより慣れろ、という感じ。

しかも流行り廃りもあるから、

来年とかにもきっと別のものがいっぱいできていると思う。