シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【シンガポール病院】病院どこにする?

f:id:clacky_sg:20181202181605j:plain

こんばんわ。くらっきーです。

 

今朝起きたら、

人生初のギックリ腰になりました。

in シンガポール。

 

今までは、

ギックリ腰で会社に行けないと言っていた

オジサンに対し、

大変ですね~と言いながらも

内心では

お前の運動不足だろ、

腰が痛いくらいで会社来れないことある?

と思っていました。

 

ごめんなさい。これ、ホント動けないわ。

 

この場を借りまして、

今まで胸に秘めていた思いを謝罪いたします。

 

こんな痛いのね。知らなかった。

しかも俺は自分で言うのもなんだけど

運動不足ではない。

むしろシンガポールに来てからよく運動をしている。


週1のジムに加えて

週1のアウトドアスポーツ等。

 

ギックリ腰って

体操の内村航平もなってるみたいだし

しかも彼の場合は

2016年リオオリンピックでの

最終演技鉄棒でなったという。。

(そして逆転金メダルというツワモノ)

 

前置きが長くなったんだけど、

ギックリ腰にかかわらず

病気になった時にどうするか。

 

 

赴任者向けだね。

 

 

 

まずは保険の確認

赴任している人は、

間違いなく会社から出ている何かしらの保険があるはず。

有名どころで言うと

東京海上とか三井住友海上とかね。

 

赴任前にレクチャーがあったんだろうけど

いざ病気にならないと

本気で覚えないから

改めて保険証や説明ガイドのようなものがあれば

それを見返しましょう。

 

そして保険が対応している病院を探します。

ここは当たり前だけどキモね。

 

シンガポールは医療費がめちゃくちゃ高いので

保険なしで診察すると

単なる風邪でも3万円とか平気で取られる。

 

あと、できればキャッシュレス対応病院にしよう。

 

これは、ホントに便利で、

診察代などの医療費については

保険会社と病院が直接やり取りするから

患者は行けばいいだけ。

※正確には保険証とパスポートは必要

 

これは本当に楽。

しかも!

 

最近の保険はタクシー代まで保険で負担してくれるから

体調が悪いときは無理せずに

Grabやタクシーで病院まで行きましょう。

 

俺なんかギックリ腰だから絶対Grab使うわ。

 

ちなみにタクシー代はレシートを保管しておいて

体調が良くなったら保険会社に連絡して

申請書をメールでもらって記入して

申請書とレシートを合わせて郵送するだけ。

 

おススメ日本語対応病院

そして保険で対応している

病院に行くことになるんだけど、

やっぱさ、

体調悪いときは日本語の病院がいいよね、

さすがに。

 

病状って英語だと難しいし。

ギックリ腰が

Strained Backっていうのも

今回初めて知ったしね。

普通に言ったらBackacheだけだけど

たぶん腰痛とギックリ腰の差ってあるだろうし…

 

ということで

いくつかピックアップ。

 

なので、体調悪くても

英語を伸ばすために英語対応がいいという

ファンキーな人にとっては

あまり参考になりません。

 

 

1.ニホンメディカルクリニック

言わずと知れた?、

中野美奈子の旦那が務める病院

整形だけでなく幅広く診療している。

俺の保険には対応していないから

行ったことないけど、

行った人の話では

高いけど対応が良いらしい。

具体的には、ギックリ腰で行くと

シップとかレントゲンとかはもちろん

サポーターとかもすすめてくれるようだ。

医療費が高いことについては、

前述の通り

会社の保険が適用できる病院だったら

俺らには関係ない話なのでオススメかも。

 

2.ラッフルズジャパニーズクリニック

言わずと知れた、ラッフルズジャパニーズクリニック。

ここは大手なので本院はブギスに、

分院はオーチャード等にあるけど、

整形に関しては本院@ブギスのみ。

整形だけは完全予約制というドS対応なので要注意。

ただ、すごくホテルみたいにキレイなので

良いです。

 

3.ジャバニーズグリーンクリニック 

ここもそれなりに大きいところ。

本院はサマセット、分院はラッフルズプレイスという

アクセスの良さ。

分院でも整形は見てくれるが、

専門医がいないので本院で見てもらうのがBettterとのこと。

 

まとめ

ということで、

ぜひ病気にかかった際には

保険の概要を改めて熟読して

めいっぱい保険のサービスを享受しましょう!