シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【シンガポールの口座①】銀行はこう選んだ!

f:id:clacky_sg:20181010000036j:plain

 

今日は前回からのお約束で

銀行口座について。

 

家(水道高熱契約含む)、ケータイ

そしてこの銀行口座が開ければ

一通り生活できる状態にはなると思う。

 

①シンガポールの銀行はなにがある?

シンガポールの銀行は主に3つ。

DBS、OCBC、UOB。

 

それぞれの特徴を簡単に述べようと思ったのだが

そんなことはいろんなブログでやっているので

ググることをおススメする。

 

はっきり言ってどこの銀行も

超安定しているし、

金利も3行とも最低金利が年0.05%で大差なし。

※2018年10月現在

 

日本の金利って0.001%だから、

最低金利が日本の50倍だね。

 

しかもシンガポールは金利に対する税金はなし

 

とはいっても!

 

500万円預けたところで

年間2,500円だから、

飲み会を1回節約するほうが良い。

 

ただ、各行とも給料を入れてくれたら、とか

クレジットで支払ってくれたら、とか

投資信託を買ってくれたら、とかで

 

金利がさらに上乗せ。

 

特に給料口座に設定するだけで

金利がかなり上がるから要チェックな!

 

DBSの場合だと

1.8%くらいまで簡単に上がっちゃうから、

 

 

そうすると

 

500万円預けたら

 

年間で9万円もらえることと同じ。神。

 

日本ではあり得ないよね。

 

最近では、

赴任者または超高所得者のみ、

シンガポールの銀行口座開設が可能となっているので

シンガポール口座が作れるのは赴任者の特権

と思うしかない。

 

 

ちなみに私は

 

海外赴任にもかかわらず

 

給料が

 

日本の口座に日本円で振り込まれる

 

という

 

クソ仕様のため、

 

年利があげられず、

 

0.05%のみ。。

 

控えめに言って

 

 

 

チ●カス以下である。

 

② で、どこ選べばいいの?

 

結論から言おう。

 

DBSにしとけ。以上。

 

理由は、

 

口座維持手数料がかからないから。

 

日本にいると

口座維持手数料なんていう概念がないからわからんけど、

シンガポール(他の海外もかな?)の銀行では

口座維持手数料がかかる。

 

口座維持手数料ってのは、

 

口座開いてるんだからメンテナンス代くれや、こら。

 

というもの。

 

大体毎月400円くらいとられる。

 

ただし、口座に一定額以上の預金があれば取られない。

 

どの銀行も3,000ドルだから今だと25万円くらい残高があれば

取られないかな。

 

ここまで読んで問題ないな、と思った人は

はっきり言ってどの銀行にしてもよい。

 

ただ、

DBSは

2018年5月から、

ネット申し込みの口座開設者に限り

一生、口座維持手数料無料!

になりました。

※2018年10月現在な。multiplier accountな。

 

これな ↓ 青線のとこ。

  

f:id:clacky_sg:20181010000531p:plain

 

こんなん切り貼りしてて

最新ネタ提供している俺は

めちゃいい奴だと思う。

 

でも見てる人少ないから意味ないと思うwww

 

というのはさておき、

 

口座維持手数料についてさ、

 

ずっと25万くらい入れておくのは問題ないけど、

 

帰任することを考えたとき、

口座維持手数料は超邪魔。

 

いざ、数年後に帰任することになって、

日本に帰る時に、

口座開いたままにしたいけど、数十万おいておくのは

なんとなくイヤだなぁって思う人は

DBS口座をネットで申し込んでくれ。

 

あんまりそういうの気にしない人は

先に述べたように、

各行で金利上乗せの仕方が違うから

それと自分の生活事情と合わせて検討すべし。

 

ATMとか窓口数とかそういうのあんま変わらんしね。

 

よくわからん人、口座ごときで悩みたくない人、

 

そんな君はDBS。間違いない。

 

 

 

ちなみにシンガポールには

CitibankとかHSBCとかの外資系銀行もいっぱいあるけど

話が発散しすぎるからあえてシンガポール地銀に絞っています。

 

時間があればまたそのあたりも書こう。

 

※2018年11月13日更新、書きました!

www.sg-expats.work