シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【シンガポール名物】チリクラブはここで食べるべし!

f:id:clacky_sg:20181011003240j:plain

 

ごはんネタをここで。

 

シンガポールの名物といえば

 

チキンライスと

 

チリクラブくらいでしょうか。

 

個人的にはプラナカン料理が好きですが。

 

今日は

 

情報を色々と仕入れられた

 

チリクラブをご紹介。

 

 

 

チリクラブは、とにかく高い!

 

チリクラブってさ、

 

値段書いてないことが多いのよ。

 

初めてチリクラブ専門店に行ったとき、

 

Seasonal Priceってなんじゃゴルぁぁぁぁぁ!

 

ってなった。

 

 

時価よ、時価。

 

寿司屋に行って時価ってなってたらビビるやつな。

 

銀座の寿司屋の時価ほどは高くないけど

 

それでも充分高いから要注意な。

 

夜、アルコール付きだったら一人80~100ドルくらい

つまり8,000円弱は覚悟しておくとよい。

 

ランチとかアルコール抜きでも

60~80ドル(6,000円くらい)は覚悟のこと。

 

 

 

あと、もう一つ大切なこと。

 

その値段払ってまで食べるほどの

 おいしさはない。

 

 

じゃあなぜ食べるか?

 

それは

 

 

 

インスタ映え

 

 

もしくは

 

シンガポール来てチリクラブ食べたよね、

 

という想い出のため。

 

美味しさとかそういうの気にするな。

 

雰囲気だから。

 

 

 王道=ジャンボ

 

王道が好きな人は迷わずジャンボ。

 

クラークキーのところのジャンボな。

 

それ以外のジャンボ行くなよ。

 

 

 

メリット

・景色が良い

・都市部から近い

・日本語メニューがある

 

デメリット

・観光客向けだから高い(80~100ドル)

・受付の店員が横柄(サーブしてくれる人はいい奴)

 

ここのいいところは景色

 

それに尽きる。

 

川沿いなのよ。

 

シンガポール来た感がすごく出る。

 

あと、ジャンボは日本人への接待向き

 

 

特に、赴任者のあなた!

 

日本からお偉いさんとか前の部署の上司とか

関連部署の人が来て、

 

シンガポールを案内しろよと言われた時の

接待コースを教えます。

 

ジャンボでご飯

 

→川辺にあるチケット売り場でボート乗車券購入

 

→ボートに乗ってマーライオンとかを川から見る

 

→マリーナベイサンズで降りる

 

→マリーナベイサンズの屋上バー(CREVA)で一杯

 

というのは

 

お決まりのコース。

 

知らない人はメモな。

 

 

シンガポール人はどこのチリクラブ食べる?

 

 

今日伝えたいのは別の目線。

 

シンガポール人は

 

チリクラブ食べたいときどこに行くか?

 

俺独自の調査によると

 

100%の確率で、

 

以下のやり取りが繰り広げられた。

 

俺「なぁなぁ、チリクラブってどこで食べるの?」

 

シンガ「は?チリクラブ?あんなん、食べねぇよ」

 

そう、

 

シンガポール人はチリクラブ食べない!

 

 

という残念な結果に。

 

まぁあるあるだよね。

 

で、質問を変えて聞いてみた。

 

俺「そしたらさ、海外の友達が来た時に紹介するチリクラブのお店は?」

 

シンガ「勧めるとしたらLongBeachかroland restrantかな」

 

ということだそうだ。

 

一応特徴を伝えると、

 

景色なら、Long beach

値段を安くなら、Roland restaurantへ。

 

 


まとめ

 

食べないのが一番なんだけど、

 

一番いいのは

 

お金出してくれそうな人と一緒に

 

クラークキーのジャンボww

 

 

 

ではでは。