シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【シンガポール両替①】クレジットカードはこう使え!!

f:id:clacky_sg:20181010002429j:plain

 

シンガポールドルの現金両替方法について。

今回は赴任者だけでなく

旅行者にも使えるテクニックをご紹介。

おススメ順に3つ。

 

1.クレジットカードの海外キャッシング

2.アーケードでの現金両替

3.新生銀行の利用

 

全部一気に紹介しようと思ったけど

超長くなっちゃったから

今回はクレジットの海外キャッシングについて

 

 

クレジットカードの海外キャッシングの仕組み

 

両替の中で、

俺が間違いなくおススメするのが

この海外キャッシング。

 

キャッシング=借金=怖い

 

と考えている君!

 

それは正しい。

 

その感覚は間違いないんだけど

海外キャッシングについては見方を変えてほしい。

 

なぜなら、

 

両替の利率が良く

 

手軽

 

安心

 

だからである。

 

クレジットの海外キャッシングは

大体以下のような金額がかかる。

 

  • 為替レート
  • ATM利用手数料(シンガポールのね)
  • キャッシング利息

 

例えば具体的に先週やった例をご紹介。

 

俺はdカードというドコモのクレジットカードで

やりました。

 

 

1,000シンガポールドルほしい場合、

 

  • 為替レート:1ドル=82.4円 ※クレジット会社による
  • ATM利用料:216円(UOBのATM手数料。日本円での請求)
  • キャッシング利息:0円

 

となるわけ。つまり、

1,000×82.4+216円=82,616円

クレジット請求で後日引き落とされる仕組み。

 

海外キャッシングのやり方

 

具体的なキャッシングのやり方は

こちらのブログを読んでもらいたい。

 

このブログの中下段あたり

 

図解も日本語訳もあるので良い。

 

この記事と違い、

俺がおススメするのは

 

DBSではなくUOBのATMを使ったほうがいい

ということ。

 

どのATM使ってもこのブログと同じ手順だから悪しからず。

 

DBSだと、

1日1回の引き出し金額上限が

300ドルくらいしかない

ATM手数料が5ドル(400円)くらい取られる。

 

一方で、UOBのATMなら

海外キャッシングでの上限は

クレジットカード会社の規定通りまでOKで

(自分のクレジットアカウントで確認して)

ATM手数料は日本円で216円のみ

 

お金は大事にしましょうね。

 

 

クレジットカードでの支払いレートの違い

 

ほんとこれ知らんヤツ多すぎて引くから

 

共有な。

 

話逸れるけど、

日本人ってホントにお金に関する知識がなさ過ぎて

やばいと思う。

もっとお金の勉強したほうがいいよ。

サウザーさんとかアナキンとかTwitterでよくそんな話してるよな。

 

はい、話し戻すけど、

 

 

 

例えば、

 

クレジットカードで

 

1,000ドルの買い物すると、

 

・為替レート:1ドル=83.7円 

 

となり、83,700円かかるんだよね。

 

さっきは海外キャッシングで

 

82,616円だったから、

 

同じ1,000ドルでも1,000円も違うから。

 

これがマジックなのよ。

 

実は

 

同じクレジット会社でも

クレジット購入とキャッシングで為替レートが違う

 

キャッシングレートの方がはるかに良い

 

 

ということをメモな。

 

例えば俺の使ってるクレジットの場合、

 

キャッシング:VISAが提供している為替レート

クレジット:VISAが提供している為替レート+1.63%

 

 

f:id:clacky_sg:20181010003421p:plain

 

な?こういうトラップがあるわけよ。

 

HP切り抜いて貼り付ける俺偉いわ~ww

 

ちなみにこれはdカードに限った話じゃなくて

 

楽天カードとかルミネカードとか全部同じだから気をつけろ。

 

海外事務処理コストという名の中抜きしてるからな!

 

 

 

アホな人は、

 

海外キャッシング:為替レート+ATM手数料+利息

海外クレジット支払:為替レートだけ

 

だから、

クレジットで払ったほうがオトクとか

言っちゃう。

 

もうね、

そういうヤツとはお金の話しないほうがいい。

親友なら、丁寧にアホだなと伝えてあげたほうがいい。笑

 

利息は気にしなくていいの?

 

最後の疑問はこれでしょ。

 

海外キャッシングに穴はないのか?

そもそも利息が0円なのはなんで?

と思う人がいるのではないだろうか。

 

実はこれ、テクニックがあります。

 

繰り上げ返済というワザです。

 

海外キャッシング=借金なので、

 

利息がつくんだけど、

 

即日返済要望をすれば利息はかからない

ということ。

 

すごく正確に言うと、クレジット会社によりマチマチで

最低でも4日分くらいはくれ、という

セ●ンカードとかもあるみたい。

 

でも4日分であっても、上の例にならって計算すれば

 

82,400円×年利18%×4日÷365日=163円くらい。

 

どう考えてもこっちのほうが良い。

 

繰り上げ返済のやり方は簡単で、

 

ATMでキャッシングする、

⇒すぐ繰り上げ返済コールセンターに電話

⇒今すぐにでも返したい旨を連絡

 

以上。

 

後日、いくら返済してくれ、

どの口座に振り込めと

言われるから、

素直に従って返済(振込)すれば終わり。

 

ちなみにdカードの場合はSMBCの口座だから

SMBC口座を持っていれば

振込手数料もかからないね。

 

旅行している人は友達との関係から

すぐ電話できないかもしれないけど

帰国してからでも十分OK。

1週間くらいの利息だって200円もいかないでしょ。

 

まとめ

 

海外キャッシュサービスのレートはめちゃくちゃいい。

 

手数料の数にごまかされるな。

 

クレジットで支払うよりも、

キャッシングで現金を得て支払うほうが利率がいい。

 

そんな感じ。