シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【シンガポールの休日】ディーパバリとは?

f:id:clacky_sg:20181104221830p:plain

多民族国家のシンガポール。

前回の休日はハリラヤハジのご紹介でした。

これはイスラム教の祝日。

 

www.sg-expats.work

今回はヒンドゥー教の祝日、

ディパーバリをご紹介。

ディーパバリとは

ディーパバリ(Deepavali)は、

ヒンドゥー教の祝日で

日本語では「光の祭典」と呼ばれる。

シンガポールでは

2018年だと11月6日が祝日になる。


呼び方も色々あるみたいで

ディワリとかとも呼ばれるらしい。

サンスクリット語がディパーバリ

ヒンドゥー語がディワリ。

 

それは置いておいて、

由来はいくつかあるらしいんだけど

ヒンドゥー教の善の神様が

悪の神を倒した日だそうで、

ヒャッホーイ!となったそうな。

 

え、そんなんで祝日なの?

 

的な気持ちは俺的にあるけど

祝日ならうれしいから良しとする。

 

一応ヒンドゥー教の暦上は新年となる日だそうな。


光の祭典ということだけあって

イルミネーションがキレイ。

祝日の当日は夜爆竹が鳴ったり

かなり激しいらしい。


とはいえ、

東京ディズニーランドや

ルミナリエとか

日本の本気のイルミネーションに比べたら

そんなでもない、

というのが正直なところ笑

 

ヒンドゥー教っていったいなぁに?

実は今日書き留めておきたかったのはこれ。

いろんな事情があって、

最近インド系シンガポリアンと

よく話してたんだけど

ヒンドゥー教というものが何かを教えてもらった。

 

その子いわく、

ではあるんだけども、

まず、

ヒンドゥー教という宗教はない!

という衝撃の事実。

 

ヒンドゥー教っていうのは

外国人がつけた名前であって、

正確にはヒンドゥーイムズ、

すなわち、

ヒンドゥー的な模範的な考え方

を学ぶ会みたいな感じらしい。

 

ヒンドゥー的な考え方って

何かというと、

自分の心を常に安らかにしておき、

無の境地に至ること

だそう。


何の話かわからないけど

その子は毎週日曜朝に

その勉強会に行って学んでるから

きっとそうなんだと思う。

 

話を聞いてみると、

相手に与える影響と

自分の心に与える影響をよく考えて

行動しようね的な

空気読もうね的な感じ

だと解釈した。笑

 

で、

そうだよね?

って聞いてみたら、

 

「いや、本当はそういうことも考えずに無の状況でいることがベスト」

 

という返答があって

このトピックに関する

お話は終了しておいた笑

 

まぁでも

今思い返せば、

数字の「0(ゼロ)」という概念は

インドから生まれたもの。

ゼロは、

いかなる数を乗じても

ゼロになるってこと。

 

相手がどうであれ自分は常に無でいること

という思想からゼロが生まれたと考えれば

イメージとしては理解できるね。


だからヒンドゥー教はみんな

「無」、「ゼロ」を目指す、らしい。

 

話変わるけど、

普通に生きていれば

なんとなくナンバー1を目指すよね。

金メダルがいいもんね。

あと、スマップは

オンリー1を目指すよね。

でも、

出川哲郎は

2を目指しているらしいよ。

常に1位を追いかけたいから。

だって。

バラエティで

たまにこういうことをさらっと言う

出川哲郎ってすごいよね。

 

 

閑話休題。

ヒンドゥー教の話に戻す。

 

思想は深すぎてよくわからないけど

もう一つ面白いのが神様の考え方。

 

ヒンドゥー的な考え方を学ぶ教材として

出てくるのがいろんな神様。

創造と破壊の神、シヴァ神とか

ガネーシャ神(象の神様)とか。

 

なんかFF(ファイナルファンタジー)とかで

出てきた気もするよね笑


こういう神様って

結局はヒンドゥーの考えを広めるために

その土地その土地で生まれてきたから

結局ギリシャ神話みたいにいろんな神様がいて

多神教となっている。

 

だからヒンドゥー教のお寺に行くと

いろんな神様がいるし、

インドにいる動物をモチーフにした神様もいるみたい。

 

意外と世界史が好きだった自分は

こういう話が好きだったりして

シンガポールに来ると

宗教を学べて知的好奇心を満たせる。

 

シンガポールの良いなと思うところは

そういった主だった各宗教の

お祝いの日をしっかりと祝日にしていること。

 

日本はそういった観点の祝日ってないよなぁ。

 

まとめ

ディパーバリっていう祝日を基に

ヒンドゥー教について記録的に書きました。

個人的には宗教ではないというのが

結構衝撃だったなぁ。

その教えてくれた子とはもう会えないけども泣。。。笑