シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

シンガポールのおかしな?法律

f:id:clacky_sg:20181016001338j:plain

シンガポールに住んで、
最初はおかしいなぁと思っていた
習慣もだんだん慣れてきてしまう。

改めておかしな、というか日本とはちょっと違う
法律をご紹介。

 

 

 

ガム禁止

これは最初オフィスで指摘されて知った。

シンガポールでガムを食べるのは禁止

持ち込みも販売もダメ

理由は街をキレイにしたいから、だそう。

 

それで禁止にする法律作るあたりすごいよね。


ただ、

タバコ我慢するガムはOK

これは、タバコ吸う人を減らしたいから、だそう。

 

どうやって見分けんだろうね笑

 

公共交通機関での飲食禁止

バス、電車、タクシー等、みんなが使う
移動手段での飲食は禁止。

確か罰金500ドル(4万円)とかだったかな。


常夏の国なのに、バスや電車に飛び乗っても
水を飲んではいけません。


これは最初気にしていたけど、
慣れてきて気が緩んだ時にふと飲んでるときあるよね。

慌ててすぐやめるけど。


これは、公共交通機関が汚れるから、だそう。

 

なら音漏れさせてながら音楽聞いてるやつとかも
取り締まってほしいんだが。。

 

トイレ流さないと罰金

これは面白いしぜひ日本でも導入してほしい。

トイレを流さずに出たら150ドル(12,000円)の罰金。


どうやって取り締まるんだろうか笑


警官がトイレ入った時に取り締まるのかな。

鳩のエサやり禁止

これもほんとそうだよね。

ぜひ日本でも禁じてほしい、厳格に。

こういう法律の根底には、

街をきれいにしたい、保ちたいという気持ちが

にじみ出てるよね。


良いことのようでもあるし、

そうでもしないと清潔を保てないのか、とも思う。


そう考えたら東京はきれいだよなぁ、ホント。

 

同性愛の禁止

これは賛否両論あるところかもね。

ただ、シンガポールでは禁止。

アングラでは当然いると思う。

おかまっぽい人もいるしね。


出張でタイに行くこともあるのだが、

その辺、タイはフルオープン。

 

性別って我々の感覚だと

2種類(男と女)だけど、

タイでは、

 

18種類

あるらしい。

男として生まれたけど
自分のことは女だと思っていて、
それでいて女の子が好き、

みたいな。

一周回って

男が女を好きなのと同じになっちゃう

みたいな。

いろんな世界が世の中にはあるということ。

 

まとめ

とりとめもないことを書き連ねたけど

郷に入っては郷に従え。

逆らっても良いことなんてない。

いろんな世界があり、それを受け入れて体験する。

それもまた海外生活のいいところ。