シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

スポンサーリンク

【シンガポール】日本人コミュニティ

f:id:clacky_sg:20181212233807j:plain

シンガポールにいる日本人は

大体3万人と言われている。


国全体の人口が約560万だから1%にも満たないわけだけど

日本人コミュニティというのは随所にある。

 

一番有名なのは

シンガポール日本人会。

日本人小学校とか中学校入るなら

絶対に入らないといけない組織で

会費は毎月60ドルくらいとられるらしい。

こういうのって何に対する対価なのか

よくわかんないけど

払わされて日本でよくある謎のお金だよね。

 

他には、

もっと趣味的なつながりでいうと

サッカーだったり

野球だったり

ソフトボールだったり

バレーボールだったり

シンガポールならではで言うと

ドラゴンボートだったり。

f:id:clacky_sg:20181213003145j:plain

これね。

一回やったけどなかなかハード。
 

 

スポーツ以外でも

日本語をシンガポリアンに教えるコミュニティとか

音楽やりましょうとか

本当に様々あるので

赴任した際に日本人と絡みたい場合は

ぜひググって様子を見てみるといい。

 

気を付けたほうがいいのは

必ずどの団体にもドンみたいな人がいて

シンガポール在住20年です、PR(永住権)持っています、

あれを始めたの俺です、ドヤ、みたいな

そういう人もいるので

自分の許容範囲であれば

残留してコミュニティにい続ければいいと思う。

もちろん

そういう人は一度懐に入れれば

面倒見も良いので人脈作りに役立つんだけども。

 

 

あと、ビジネス的なつながりで言えば、

シンガポール日本商工会議所っていうのもあり

所属している企業が集まる場が毎月あったり

時々お酒も含んだ会合もある。

 

 

そして某日。

 

基本的に俺は日本人とは

あまり絡まないようにしているが(日本語を話してしまうため)、

とあるビジネスコミュニティの

年末パーティに行くことになった。

 

 

それも急遽。

 

 

パーティ開始時間の30分前

 

場所は、

シンガポール屈指の

超高級ホテル。

 

今日の俺の恰好はと言えば、

客先アポもなかったためかなりの軽装。

 

そう、ポロシャツにチノパンと言う

なんともカジュアルな恰好。

 

そんなの全然大丈夫、行くぞ by 上司

 

と言われ

訳も分からずついていく。

 

まぁ高級ホテルとはいえ

そうか、ラフな感じのパーティかと思って

ノコノコついていきました。

料理だって絶対おいしいだろうし

無料で食べれるならそんな良いことはない!

そう思ってホテルに向かいました。

 

 

ホテルに到着したら

数百人のパーティ。

 

日本人がこんなにいるのか!すごいな

と思ったのも束の間、

あることに気づく。

 

そう、

 

男性はがっつりスーツ。

 

女性はキレイめドレス。

 

俺、、、ポロシャツ。

 

 

オワタ。。。

 

それにしても、さすが日本人。

 

個性なくみんなスーツ。

 

そして

決して個性を出したいわけではないのに

俺はポロシャツ。

 

あら、迷い込みましたか?

こちらは日本人だけですよ~

 

今にも店員に言われそう。

 

久々に感じる日本人からの冷たい視線。

 

ありがとう。

そうです、私がたまにいる空気の読めない日本人です。

こんばんわ。

 

気まずいパーティはどんどん進み

物珍しさに声をかけてくる人もちらほら。

 

ち、ちがうんだ。。

いや、違くないけど違うんだ。。

 

そんなよくわからない話をして、

 

段々めんどくさくなってきて

 

最終的には

 

何も着てないよりは良いですよね?

 

という、

自分でもよくわからない返しをしていた。

 

でもまぁ、みんな日本人だから

心の奥で蔑んでいても、

表面上は

 

全然いいじゃないですかー、

ここシンガポールですし。

 

とか全くよくわからないし心にもないことを言ってくる。

 

こういった地獄の3時間パーティを終え、

帰宅。

 

 

 

そんなハプニングもある日本人コミュニティ。

日本人の友人をシンガポールで作りたいときは

ぜひ参加するといいと思う。