シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【シンガポール名所②】ナイトサファリ攻略法

f:id:clacky_sg:20181012011443j:plain

個人的なシンガポールツアコン経験から

シンガポールの観光名所の攻略法を

共有しちゃう企画第2弾!

 

ナイトサファリ。

 

シンガポール旅行者の半分くらい、

あと赴任者の7割くらいは行く

スポット。

 

行ってみてわかったけど

ここは事前情報がマジで大事

 

しかも情報が錯綜して、、

というより

正確にはいろいろ変わったことが多いので

2018年10月の最新情報を共有します。

もうね、

有料でもいいくらい

俺は行く前に知りたかった情報書きます。

行きかた

赴任者には言うまでもないかもしれないけど

行くならタクシー。

 

もちろんGrabもOK。

何を隠そう、都心からすげー遠い

 

シンガポールって

マーライオンとかベイサンズとか

大体全部が近場で

電車とかバス使うのが楽だし安価

なんだけど

ナイトサファリだけは別

 

東京で言えば、上野動物園みたいに

良いとこになくて、

イメージ的には多摩センターみたいな。

しかも駅から遠い

みたいな。

 

都心から遠くて、最寄り駅からも遠いから

もちろん

電車&バスを駆使すれば行けるけど、

はっきり言って、時間と労力の無駄

 

30ドル(2,500円)くらいでタクれるので
タクシー使いましょう。

都心から40分くらい。
それだけ乗って2,500円なら安いよね。

 

チケットの取り方

チケットは公式サイトで取ると、

44.65ドル(3,700円くらい)で、

赴任者が取れば10%オフで

39.95ドル(3,300円くらい)。

ちなみに、チケットには、

譲渡しちゃダメ。入口で確認するぞ

って書いてあるけど、

受付で確認ないから、気にしなくてOK。

代わりに取ってくれる赴任者がいたらラッキー。

 

あと、入園時間帯が選べるけど、

これは最も早い時間の

「19時15分入園」がベスト!

理由は2つ

  • 早い時間帯の方が動物が視認しやすい
  • トラムの予約が取りやすい

 暗すぎると、正直動物がどこにいるのかイマイチわかりづらい。

 

シンガポールの日の入りは19時30分前だから

それくらいの時間が一番良いよ!

「開場時間」と「開園時間」と「トラム」の関係

ナイトサファリのややこしいのは

開場と開園とトラムの関係。

 この情報を俺は事前に知りたかった。。

 ナイトサファリにつくと、

 入園は2段階になっている。

 

まずは、

①フードコートや受付がある場所。

そしてそこから

②動物園

に入る場所がある。

チケットはあくまで②の入場時間を示していて

①については17時30分から誰でも入れる

これ、マジ大事。試験に出ます。

 

①の一番最初のゲートってのがこれ。

んで、

こここからがポイントなんだわ。

 

①の中にはレセプションっていうのがあんだけど、

そこで園内周遊の動物ふれあい日本語トラム(バス)を予約できる

 

英語のトラムで良ければ

チケットに内包されているので予約不要。

 

その他の言語のトラムは一人10ドルかかるけど

言語に不安な人は取ったほうが良い。

 

完全予約制なので

日本語トラムを取る場合は

17時30分にダッシュ!!

そうじゃないと、

仮にあなたのチケットが19時15分入場のものでも、

日本語トラムは21時15分という悲劇が待っています。

 

え、なんでそんなに急いでいかないといけないの?

と思ったあなた。

上記の状態に陥ります(俺は陥りました)。


急いで取らなくてはいけない理由は、

日本語トラムチケットはJTBが買い占めるから。

これな。

 

法人の力すげーから。

 

ただ、買い占めると言っても

トラムの数も結構あるから

17時30分にレセプション行けば大丈夫。

レセプションはこれ

この時間に行けば、
19時30分~20時くらいの
日本語トラムチケットが取れるはず。

 

俺のように
日本語トラムに撃沈した人は
英語トラムに乗りましょう。

英語トラムは、完全に早いもの順というか
ディズニーのアトラクションみたいに
並んで乗る感じ。

 

10分に1本出てるから(感覚的にはもっと出てる)
回転率は超いい

難点は英語なだけ。

 

だから、

  1. チケットは19時15分入園のものを取るけど、
  2. トラムのために17時30分に開場のレセプションにダッシュ
  3. JTBに負けじと日本語トラムを取る

という手順です。

まとめ


都心から遠いから、タクシーで行くこと、

チケットの時間より早くトラムを取りに現地入りすること

が楽しむうえで大事です。

 

ちなみにうちの親(60代)も楽しめたから
老若男女問わず楽しめるかも。

 

無事にトラム予約出来たら
開園までの間、フードコートで夕飯を食べましょう。
ここのフードコートは
リゾート価格。

だいたい20ドルくらいするから気を付けて。

でもまぁこういうときくらいしょうがないよね。

 

動物の飼育にはお金がかかるから仕方ないと思って
大きな気持ちでいましょう!

 

ちなみに、ナイトサファリの全体的な感想としては、

動物見るだけというよりも

暗闇でバスに乗っているのが

ディズニーのアトラクションみたいで

面白い!って感じです。

 

動物や雰囲気などぜーんぶ含めて

なかなか満足度高いですよ~

 

ではでは!