シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【シンガポール】給料に対する価値観

f:id:clacky_sg:20181117231710j:plain

みなさんはVoicyというサービスを知っているだろうか。

voicy.jp

これな。

簡単に言えば音声メディアで

ラジオ的なものなんだけど、

何かをしながら聴けるため

選択物干ながらとか夜寝る直前とかによく聴いている。

本当は

その時間に英語のインプットをしたいんだけど

コンテンツが非常に有益なため

ついつい毎日聴いてしまう。


そんな中、

マイクロソフトジャパンの執行役員で

澤円(さわ・まどか)って人がいるんだけど、

話が面白いし共感できることが非常に多い。

そんな澤さんが語っていた

労働対価に対する価値観について

日本とシンガポールの差も考えたい。

シンガポールの労働に対する期待値

あらかじめ断っておくと、

俺はここシンガポール以外の国で働いたことないし

住んだことすらないので

日本と外国という広いくくりではなく

日本とシンガポールという対比で

比べていきたい。

 

シンガポール人の仕事の質は

日本人からすると結構ゆるい

かもしれない。

例えば、

資料の作り方、先回りして実施しとく、

みたいな同僚の観点だけでなく、

レストランのサービスや

スーパーでの対応など。


そうそう、

今日なんて

シンガポールのスーパーで

一人用のサラダのパック買ったんだけど、

レジ打ちのオバさんが、レジ通した後、

カゴに逆さまに置いたからね。

 

コンビニの店員だって

空いた時間でスマホしたり昼飯食べてたり

日本だったら考えられない態度で働いている。

 

でも、

それがシンガポールでは普通に受け容れられている

 

 

なぜか?

 

 

理由はすごく簡単で、

賃金が安いから。

 

そう、この価値観なのだ。

 

コンビニの店員がダラダラ話していても

レストランの店員を呼んでもすぐ来てくれなくても

マクドナルドの店員に横柄な態度取られても

スーパーのおばさんに商品を変な向きで入れられても

全く怒らない。

 

なぜなら、彼/彼女らは賃金が安いから。


安月給なのに

高いサービスレベルなんて求めないのが普通

 

最初は

違和感あったけど、

今では慣れたし、俺もそう思うようになった。

イラっともしなくなった。

 

もちろん、ホテルとかになれば別だけどね。

 

会社でも同じ発想。

担当者としては給料に見合った働きさえすればよい。

逆にそれ以上を求められることには

ややネガティブ。


ジョブホッピングするのが当たり前の文化だから

対価に見合わい要求があれば転職するし

対価を上げたければ転職して業務内容をレベルアップする。

 

もらう金=労働対価=客からの期待値。

 

すごく単純、シンプルだよね。

 

日本の考え方

一方で日本はどうか?

例えば、

居酒屋の時給850円くらいの店員に向かって

「ビールおせぇーよ」とか

言っているサラリーマンを見かける。

 

例えば、

スーパーの店員が

モノを逆さまに入れたり横に入れたりしたらどうか。

 

日本社会は、

1円でも払った瞬間に

絶対的な立場を得たかのように振る舞う。

 

この考えって連鎖してる気がするよね。

安月給のサラリーマンが

上司から「給料払ってんだからもっと働け」と

対価に見合わない仕事を要求され

ストレスを抱え、

それを居酒屋の店員にぶつける。

居酒屋の店員は帰り際のコンビニで

コンビニの店員の態度が気に入らなくて

横柄な態度を取る。

 

俺は安月給でこんなに言われてるんだから

お前にも言わせてもらうぞ


的な、

負の連鎖。

こういうのがストレス社会。


だって、お客さまは神様なんだもん

そういうのが日本の価値観の根底にあるのだと思う。

 

過ごしやすい社会にしたいね

 

日本の価値観が生み出したものは

結果的にハイクオリティだ。

ファミレスであれだけの接客できるのは日本だけだと思う。

 

でも、それは

みんなが我慢してストレスを抱えて出来た産物で

副作用も多いと思う。

 

副作用の多いやり方は長くは続かない。

 

お客様は神様だ なんて

シンガポールでは全く通じない概念だ。


こういうのは変えていったほうがいいと思うけど

日本人の若者含めて染みついている

文化だから、おそらく変えることは難しい。

 

 

こっちで営業をしている

シンガポール人や欧米人と話すとみんな言う。

日本企業への営業は優先順位なんて低いよ。

なぜかって?

意思決定が遅いのもあるけど、

大した金払わないくせにクオリティ求めてくるから超厄介

すごくよくわかる。

そうだよね、単純に、イヤな奴だよね。

 

それだったらクオリティ求めないけど安く!と言ってくる客か

金は出すからクオリティしっかり上げてねと言う客の方がいい。

 

お互いハッピーに仕事できるし。

 

お客様は神様だ、なんてク●くらえ

 

安かろう悪かろうは悪だ、じゃない。

安いんだから多少質が悪くて当たり前なんだよ。

 

仕事に対して適切なお金を払おう。

逆に

払ったお金分だけの仕事を期待しよう。

 

そう考えると少し気持ちに余裕ができる。

人にやさしくなれる。

 

シンガポールは南国だから、

だけではなくて

こういう価値観をシンプルに持っているから

ストレスも少ない。

 

俺はシンガポールの価値観の方が好き。

 

みなさんはどうでしょう?