シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【タイ】 ワットポーで騙された話

f:id:clacky_sg:20181023192801j:plain

タイに行った時の話。

タイはシンガポールから飛行機で2時間半。

やはり東南アジアにアクセスいいよね、シンガポール。

 

タイと言えば
シンガポールと違って見どころいっぱい。


アユタヤ遺跡、

ワットポー

ワットプラケオ

プーケット

パタヤ などなど。

 

日本人も年間150万人が渡航するように

なるほど、タイは人気。

シンガポールは80万人だから、倍。

 

すごいよね。

そんなタイについて、

いい思い出で終わってほしいために、

騙された話をお伝えして

みなさんにはどうぞだまされないようにしてほしい。

ワットポーへの行き方

まず、ワットポーを見る人は

おそらくだけど

ワットポー、ワットプラケオそして

川を渡った反対側にあるワットアルンという

3つの寺院を回ろうとしていると思う。


ざっくりいうと、
ワットポー:有名な涅槃佛があるお寺
ワットプラケオ:タイの最高格式寺院できんきら金
ワットアルン:夕焼けが綺麗

という感じな。

 

地理的に言うと、

バンコク中心街から

西に移動していくとワットプラケオがあって、

800mくらい南下するとワットポーがある感じ。


個人的には、
中心街からはタクシーに乗ってしまうのが一番いいと思う。

もちろんメーター利用ありでね。

もしくはGrab。

料金がはっきりしているので。


タイはシンガポールと違って
タクシーが本当にがめついというか
東南アジアらしいというか、
いわゆるボッタクリをするので
しっかり交渉したほうがいい。

メーター使うのが一番。
基本的に交渉される金額はメーターの倍になると
思ってもらえれば。


俺はというと、

電車で近くまで行ったんだけど、

駅とワットポーが全然近くないことに

下りてから気づいて

結局、駅からタクシーでワットプラケオへ。


今回の俺のルートとしては、

中心街
⇒電車でサイアム駅
⇒タクシーでワットプラケオ
⇒徒歩でワットポー

という感じ。

 

何をどう騙されたか

ワットプラケオまでは正直順調だった。

もちろんタイはシンガポールと違って

だます人はいるだろうし警戒していた。


ワットプラケオの入場料が500バーツ

と聞いたときは

高すぎだろ!!

と思って

冷静にググって調べるほど落ち着いていた。

※500バーツは正真正銘の正式価格であることが
 わかったことは内緒である笑

 

そこからワットポーへ歩いた時に事件は起きる。


徒歩で移動すると
だいたい15分くらいかかる。

そしてとにかく暑いから、

歩いていると、いろんな人が話しかけてくる。

 

どこから来たのー?

トゥクトゥク乗っていきなよ!

タクシー乗る?

 

などなど。


当然そういうのは一切無視していた。

 

でも周りを見ると
応じている人もいて、
馬鹿なだなぁと思っていた。


そんな中、とある老人が、


おい、ワットポー今から行くと閉まってるぞ!
もう少したってから行ったら?

と話しかけてきた。

 

えっ!!L(゜□゜L)


と思った俺。


思わず話を聞いてみると、
お昼の12時から2時まではセレモニーで入れないとのこと。


ちょうど時計を見ると、

時間は12時過ぎ。

 

マジか~~時間ないのに。
と思って話していた。

 

そうするとその老人は、

午後2時までの間、スタンディングブッダでも

見に行ったら?案内するよ?

と言い出した。

 

警戒心の強い俺は、

あ、ごめん、それはパス

と冷静にお断りをして、

中心街に戻る決意をした。


老人とお別れしてトボトボと歩き、

中心街まで何で帰るか考えていた。

 

それにしても、
地元に来ないとわからない情報ってあるんだなぁ
ワットポーまで歩いて行かなくて良かった。
あのジイさん良い奴だったな


そんなことを考えていた。


さて、

次どうしようか考えていると

人だかりを発見。

 

そう、気づいたら
そこはワットポーの入り口。


普通に開いてるやないかい!!!

 

 

そうです!

ワットポーでのセレモニーなんて真っ赤なウソ。


Everyday OPEN


そういうことです。

 

あのジジイは、
俺をスタンディングブッダとかいう
意味わからないやつに連れていくために
変なウソついたわけ。


いやぁホント怒りがこみ上げたけど

結果としては

本当に偶然、ラッキーなことに

なんとなく歩いていたために

ワットポー見れた。よかった。

 

まとめ

ワットポーとワットプラケオの間で

徒歩で移動する人も多いと思います。


もう、だれとも話さず、全てのタイ人を無視してください。笑

 

でも、
タイ人はいい人いっぱいだから
一部の人がこういうことするだけなんだよね。
特に所得の低い人。


こういう世界では、

 

だまされる方が悪い、が

まかり通るので自身のためにもお気をつけて!!