シンガポール赴任生活

シンガポール赴任者ブログ。初めての海外生活@シンガポールで気づいたことや見どころを発信

【ベトナム観光①】ベトナムのビザの対処法

f:id:clacky_sg:20181128004359j:plain

今回はベトナム観光にあたっての

実体験を綴る。

 

ベトナムってビザ必要なん? 

それに気づいたのは

出国前の空港に向かう電車の中。

 

日本人であれば、

通常ベトナム入国にビザはいらない

 

しかーーし!

ある条件を満たすと

ベトナム入国にはビザが必要となる。

それは、

 

ベトナム再入国が30日以内の場合!

 

つまり、

1度ベトナムに入国して、出国して

再度ベトナムに入国する場合、

前回の出国と再入国日の間が

30日以内の場合、ビザが必要となる。

 

俺は、

月曜~水曜:ハノイ

木曜~金曜:シンガポール

土曜~月曜:ホーチミン

 

ということで

めっちゃ当てはまりました。

 

そんな人は稀なのですが、

たまにそういう人のための対処法を

伝授します。

 

ベトナムのビザはここが違う

通常、ビザであれば

Visa On Arrivalといって

到着した時に申請すればOKと言うケースが多いが、

ベトナムの場合は、

・帰りのチケット予約確認

・パスポート

・お金

・申請書

インビテーションレター

が必要。

 

このインビテーションレターというのが

かなり厄介で、

原則はこれがないと入国できない

となっている。

 

これは入国よりも前にもらうことが必要で

それを持ったうえで入国手続きをしなければならない。

 

 

インビテーションレター取得方法

このインビテーションレターをもらう

やり方として、

①王道

②リスク高い裏技

③緊急対処方

があるのでそれぞれご紹介。

 

①王道パターン

王道を歩む条件としては、

時間があること。

出国までに3営業日あることが絶対条件

 

3営業日前までに

ベトナム大使館のHPから

ビザくださーいという申請をすること。

http://visa.mofa.gov.vn/Homepage.aspx

コチラにアクセスして、

申請すれば25ドルほどで取得できます


他にも王道の技としてビザ取得代理業者に

8,000円くらいでお願いするやり方もあるけど

バカバカしいから自分でやるほうがいいと思う。

 

俺は出国日にビザが必要なことに

気づいたので当然この王道は使えません。

 

 

②高リスクの裏技

リスク高いけど裏技としては、

何も持たずにとりあえず行っちゃう、ということ。

いくつか俺も調べたら、

ブログで行けたという人もいた。


なので、当然俺も試しました。

とにかく行ってしまえ

あとは何とかなるだろうと。

 

そうしたら、、、

出国すらできませんでしたL(゜□゜L)!!

 

そうです、

俺の場合はチャンギ空港のチェックインカウンターで

スタッフに入国できないから

出国させないよ

と止められました。

 

成田空港とか羽田空港のスタッフなら

なんとかなるのかな?どうだろ。

 

ちなみに突破できた人のブログを読むと

VISA申請はしなくてはいけないので

インビテーションレターなしで

申請だけして25ドル払って終わり、

大丈夫だったよー(^o^)/

という感じのようです。

 

③緊急対処方法

②が使えなかった俺は、

Jetstarのスタッフから代替案を提示されました。

それは、

ここに電話してVISAを今すぐゲットしろ

というもの。

f:id:clacky_sg:20181128010726j:plain

 

電話してみると、

インビテーションレター含めて

VISAを即日発行してあげるよ、とのこと。

 

その額なんと

200USD(約2万3,000円)

 

ふざけてるよね。

ホントに。

 

そもそも俺のこのベトナム旅行自体が

飛行機代+ホテル代で3万円なのに。

 

正規で取れば25ドルなのに。

 

どんだけぼったくんだよ、と。

 

さらに当然他の手も考えた。

ホテルと飛行機をキャンセルして

お金が戻らないか。

 

問い合わせ結果、すべてNO。

Jetstarは基本的にキャンセルNGだし、

変更すると2万円以上取られる。

ホテルはエクスペディアの

特別プライスのものでキャンセル不可。

 

そう、

俺に残された選択肢は2つ。

 

旅行代3万円をパーにして土日をシンガポールで過ごすか。


2万円を追加して、5万円でベトナムに飛ぶか。

 

 

結局、後者を選んだよね。

いわゆるサンクコストの概念だから。

このときは3万円のことは考えちゃいけない。

 

2万円でベトナムに行くのか

0円でシンガポールで過ごすのかの2択。

 

そう思うと2万円で行けるなら安いかなと。

サンクコストの概念と

向き合えば少しだけ心が軽くなる。

 

でも、後悔は消えない。

 

ちなみに俺と同じ境遇に陥ったひとが3人いて、

一人はフランス人の弁護士さん。

彼と高すぎだよな、ありえねぇという話をして

盛り上がりながらお互いの傷をなめあいました。

 

まとめ

ベトナムに出入国頻繁にする人は

ビザのことをしっかり調べて

事前に対応しよう。

25$で済ませよう。 泣

 

つまらないことに200ドルも払わないように!!